ホーム > 施工事例 > リフォーム > 岡崎市 暖かさに配慮した、浴室;洗面所のリフォーム

リフォーム

岡崎市 暖かさに配慮した、浴室;洗面所のリフォーム

照明器具と鏡のデザインがアール・ヌーボーといいますか、植物系に統一されて雰囲気があります。洗面台は透明感のある人造大理石です。最近流行しており各メーカーから出ています。


見どころ

 浴室ユニットバスと洗面台の交換をしました。冬の寒さ対策で、クリナップのアクリアバスを選ばれてます。浴室、浴槽の断熱はもちろんのこと、スイッチ一つでお湯を出して洗い場の床を温める機能がついています。

 洗面所を触るのでクロスや床仕上材、照明器具もこの機会に交換させていただきました。部屋ごとのリフォームが効率がよくお勧めです。

 こちらのお宅は鉄骨造でしたが問題なく作業できました。

  • 既設浴室です。以前の浴室もユニットバスでしたが、断熱があまり効いてなく寒かったようです。

  • 既設浴室です。窓が大きく古いのでガラスの割れの恐れがあり、シングルガラスなのでいかにも寒そうです。

  • 洗面所の既設窓ガラスです、こちらももちろんシングルガラスです。いつもはガラスのみペアガラスにするのですが、サッシ自体の断熱性も悪いので別の方法を取りました。

  • 浴槽は人造大理石です。。浅くなり跨ぎやすくなっています。また広くなっているのでお子さんともゆったり入っていただけるでしょう。カウンターは洗面台と同じ半透明の人造大理石が使用されております。

  • 今回は既設窓枠に新しいサッシを取り付けることで外壁をいじらずに新しいサッシにすることができました。施工上既設より小さくなります。写真の窓のことをオーニング窓と言います。三枚のガラスそれぞれがペアガラスになっています。右下のレバーを回すことにより開閉されます。

  • 洗面所の窓は既設サッシはそのままで内窓を付けました。気密性も高くなり、熱、音ともに防いでくれます。ガラスをペアにするよりも効果がしっかり体感できるので安心してお勧めできます。