ホーム > 施工事例 > リフォーム > ひろびろ和モダンLDK

リフォーム

ひろびろ和モダンLDK

こちらのお宅は山の中腹にあり北斜面となっているので、北側の景色がきれいに見えます。ご存知しょうか?南側は太陽の光がまぶしくて景色は北側に比べてよく見えません。北側にいい景色があるなら積極的に取り入れてはいかがでしょうか。


見どころ

山の上の民家でリノベーションに近い大リフォームが完成しました。LDKを設けるために、間仕切りが一掃され北から南まで一つの空間になりました。水回りもすべて更新されました。

  • 南の部屋から北を向いた写真です。以前はこのように部屋が2つに分かれて間に廊下もありました。

  • 南側の部屋です。もともとこの部屋だけでもかなり広いですね。

  • キッチンの北側にはパントリー(食品収納庫)を設けました。行き来がしやすいよう、扉は設けていませんが、目隠しの袖壁を付けました。またその袖壁の上部は天井まで伸ばさないことで閉所感を押さえています。

  • キッチンはTOCLAS(旧YAMAHA)です。このメーカーは人造大理石を得意としており、天板の厚みが12mmあります。他のメーカーは6~8mmほどです。ハイバックカウンターと言って正面の立ち上がりも人造大理石一体になっています。面材の塗装も得意としているところで、奥行き感がありきれいです。この色はフォレストグリーンになります。鏡面仕上げだけで114色、その他木目柄などが39パターンもあります!

  • キッチン側から見たリビングです。作り付けの収納や、テレビ台を付けられました。作り付けの家具は隙間がないのでお掃除が楽です、また固定されているので地震時も安心です。

  • 壁の一部に棚と収納を設けました。下部の箱にコマがついていて引っ張り出すことができます。ミシンを収納されるそうです。木の積層板を使用しています、反りが少なく丈夫なので棚や収納を作るときに便利です。樹種もパイン、ゴム、杉、檜、欅などお好きなものを選んでいただけます。