ホーム > 施工事例 > 新築住宅 > OMソーラー「洞町向山の家」

新築住宅

OMソーラー「洞町向山の家」

広く開放的なL・D・K。ここから眺める東の景色は遠くに里山が見え、四季の移り変わりを感じる事が出来ます。桧の無垢板フローリング・杉の腰板・漆喰塗りの壁・構造材表しのシンプルな構成となってます。


見どころ

玄関及びホールには納戸が併設して有り、収納量も多く玄関が煩雑にならない。

広さ22帖の明るいLDK、リビングに吹き抜けも有り、開放的な空間となっております。

親世帯のLDKも当然、バリアフリーとし、くらしやすくい空間です。

2階子供部屋ではロフト・使いやすいクローゼットにより広く使えます。

構造材表しとし、伝統型構法(柱勝ち・長ホゾ・込栓・母屋まで伸びる通し柱)で施工してます。

各所に『大工の手仕事』を見る事が出来ます。

Data

竣工 2011年8月
工法 在来木造(伝統型工法)2階建て OM
敷地面積  
延べ床面積 183.05㎡(55.37坪)
屋根 ガルバリウム鋼板横葺
外壁 ガルバリウム鋼板張り

  • 外観です。

  • 2階吹き抜き部の構成。フリースペースとなっており、作り付けの本棚があります。

  • 天然石のトイレの手洗いカウンター、自然木のタオル掛け。

  • 玄関の構成はとても落ち着いた雰囲気となってます。特注の杉の下駄箱は杉生製オリジナルです。

  • 2階の子供部屋の構成。床は杉無垢板・壁は杉板の横貼り・天井は杉板の化粧野地仕上げとなっています。

  • キッチン後ろのカップボードも杉生製オリジナルです。